カテゴリー別アーカイブ: アグネスはニキビ跡にも効く?

ブログに「重症化したニキビにアグネスはNG」とありますが?

ニキビの重症化というのは、ニキビ跡になってしまう前までの状態を指すもので、活動を終えて瘢痕化(はんこんか)したニキビにアグネスは適用されません。

■同じように重症化したニキビに見えても。

ブログにある“重症化したニキビ”には、一般的な解釈で2通りがあります。

1つは炎症性のニキビが重症化して、顔全体や身体全体に広がってしまった状態。

そしてもう1つは、長い間ニキビが治癒されず、ニキビ跡となって残ってしまった状態です。

アグネス治療は、高周波の電気凝固針で毛穴の奥の皮脂腺を取り除いていく施術なので、前者のニキビには効きますが、ニキビ跡になってしまったものを除去することはできません。

■ニキビ跡をアグネスで消すことはできない。

通常の例で考えるとニキビ跡(瘢痕化/はんこんか)を改善するには、内服薬のリザベン(別名・トラニラスト)という薬で治療するか、ステロイド系の軟膏を塗って経過を見るかなどです。

アグネスとは治療領域が違うので、カウンセリング時に診断を仰ぎ、それに適した治療法を選んでもらうしかありません。

言ってしまえば瘢痕化したニキビは死火山のようなもので、この跡を消し去ることはアグネスにはできません。

□ニキビ跡についてのオススメ記事〔https://www.huffingtonpost.jp/coffeedoctors/nikibi-care_b_7733318.html

■同じように見えるニキビにも活動中のニキビとそうでないニキビがあります。

アグネス適用の判断には医師の見立てが必要です。

ニキビ治療にアグネスは万能と言われていますが、瘢痕化したニキビには適用されません。

上記に紹介したような内服薬による治療か、軟膏の塗布を試みる必要があります。

診断は医師に任せましょう。