覚えておきたい婚約指輪のマメ知識

婚約指輪(エンゲージリング)に使用されるダイヤはとても様々な種類があります。

どのダイヤにもプロフールデータがあり、カット・カラー・カラット・クラリティの4つの言葉の頭文字を取って、通常『4C』と呼ばれています。

カット(CUT)とは、光の屈折率を緻密に計算して施された研磨方法の事で、58面カットが最も一般的とされており、一番カットが綺麗なものをExcellentとし、5段階でグレード分けされています。

カラー(COLOR)とは、無色であるDを一番良いものであるとし、Zは薄い黄色味を帯びているのが特徴で、23段階でグレード分けされています。

ただ、色付きダイヤは悪い物ではなく、ピンクやブルーの色味がかかったダイヤは、『ファンシーダイヤ』と呼ばれており、好みでそのダイヤを選ぶ人も少なくないようです。

クラリティ(CLARITY)とは、ダイヤの透明度をさします。

不純物や傷が少ないと、ダイヤ自体の透明度が上がります。

カラット(CARAT)とは、ダイヤの重さを表す単位のことをさします。

通常、1カラット=1ctと表記され、1カラットは0.2g相当に値します。

カラット数が上がれば、ダイヤの粒が大きくなり、値段も上がります。

ダイヤのカットの手法も様々で、一般的なブリリアントカット、楕円形のオーバルシェイプ、洋梨の形に似ているペアーシェイプ、船を上から見たような形のマーキースシェイプ、ハート型に模ったハートシェイプなど、様々ですので自分の好みで婚約指輪を選びたいですね。